【クマクマンボが語る今大会の見所はコレだ!】「K-1 WORLD MAX 2009〜日本代表決定トーナメント」[K-1]
 小比類巻太信の復活か、城戸康裕の二連覇か、それとも新王者が誕生するのか!? 日本最強の男を決定する『K-1 WORLD MAX 2009〜日本代表決定トーナメント』が2月23日(月)東京・国立代々木競技場第一体育館で開催される。

 今年も日本一の座を目指して8人の実力者たちが集結、1日3試合を勝ち抜かなければいけない過酷なワンデートーナメントに挑む。優勝者は4月21日(火)福岡マリンメッセから開幕する『K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament』に日本代表選手として参加する権利が得られる。昨年は佐藤嘉洋、アルトゥール・キシェンコと歴史的な大激闘を展開した魔裟斗が世界王座に返り咲き、今年も日本人選手の活躍が期待されるところ。
(構成・文:GBR編集長 熊久保英幸)


「K-1 WORLD MAX 2009〜日本代表決定トーナメント」
2009年2月23日(月)
東京・国立代々木競技場第一体育館
開場16:00 開始17:00
★ 大会詳細とチケット申込はコチラ!

■アニヲタのコスプレイヤーがK-1を制圧!?

 日本トーナメントの歴代チャンピオンは、魔裟斗(2002&2003年)、小比類巻(2004&2005年)、佐藤嘉洋(2006&2007年)、城戸康裕(2008年)の4人。魔裟斗から佐藤までいずれも二連覇を達成しているだけに、昨年チャンピオンの城戸にも二連覇の期待がかかるところだが……ここで思わぬ伏兵が現れた。
「全世界のアニメファンの皆さん、こんにちは」と現れたのは、アニヲタ(アニメおたく)で2ちゃんねらーだという長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾)だ。アニメの主題歌とコスプレで入場し、いざ試合が始まると驚異のハードパンチャーぶりを発揮して相手をKOしてしまい、11戦全勝(8KO)と無敗の快進撃を続けている新鋭である。その特異なキャラはまずネットで話題となり、ニュージャパンキックボクシング連盟のスーパーウェルター級タイトルを奪取した翌日から彼のブログへのアクセス数が急増。昨年11月21日の「初音ミク」のコスプレ写真が掲載された日記では、“1日の閲覧ユニークユーザー数が世界で最も多いブログ”としてギネスに認定されたタレント上地雄輔のブログを、コメント数で上回ってしまった。その時、書き込まれたコメント数はなんと24万件!
 これほど話題の選手をメディアが放っておくわけがなく、長島には取材が殺到し、一躍時の人となったのである。昨年からアピールしてきたK-1出場も実現させ、メディアへの露出はさらに増えた。ついには念願だったアニメの声優出演も実現し、今年のMAX日本トーナメントの話題は長島一色だと言っても過言ではない。
 長島は記者会見で「自分はアルバイトで格闘家、本業はコスプレイヤー。入場が仕事なんです。好きなアニメのキャラクターになりたいという願望でこうなりましたけど、リング上がって服脱いだら、『闘わないと、しゃあないやん(仕方ない)』という感じでやっています」と言い放ち、「1日3回の入場は激務」と決勝戦まで3つのコスプレを用意すると堂々の優勝宣言。K-1の谷川貞治イベントプロデューサーも「スター性がある。K-1初のオタク選手として頑張ってもらいたいですね」とエールを送った。
 その長島と1回戦で対戦するのは、昨年準優勝のHAYATO(FUTURE_TRIBE)だ。こちらも強力なパンチを武器に、昨年は1回戦から大激闘の連続で決勝戦まで勝ち上がり、ボロボロの状態になりながらも城戸にダウンを奪われた後にダウンを奪い返すなど、最後は敗れるも大会を大いに盛り上げた。最近の長島の活躍を聞いたHAYATOは「ナメてますね。僕はそこまで余裕ないです」と苛立ちを隠せず、「(長島は)キックがアルバイト? 本業はコスプレイヤー? 入場がメインで試合はオマケ? 決勝戦まで3回コスプレを用意している? いや、1回のコスプレだけで終わらせます。アニメは嫌いじゃないが、あそこまでディープなのは、ちょっとどうかなと思う。長島選手は僕のことを『アニメだったらスラムダンクしか知らない』と言ってるんですか? そこで競おうと思ってませんし(笑)。自分が負けたら周りから『あのコスプレイヤーに負けたの?』という流れになるので負けられないです」と、何が何でも勝ちにいくつもりだ。
 両者ともパンチ力と打ち合いの強さには定評があるだけに、試合はバチバチの殴り合いとなるだろう。特に長島は1Rに強く、HAYATOは逆転が多いため、前半KOなら長島、後半戦にもつれ込めばHAYATOということになりそうだ。

【大会見所特集の後半はコチラ!】


「K-1 WORLD MAX 2009〜日本代表決定トーナメント」
2009年2月23日(月)東京・国立代々木競技場第一体育館
開場16:00 開始17:00

【決定対戦カード】
▼日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/NJKFスーパーウェルター級王者)
VS
HAYATO(FUTURE_TRIBE/2008日本準優勝)
▼日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
TATSUJI(アイアンアックス/2006・2007日本準優勝)
VS
山本優弥(青春塾/全日本キックボクシング連盟ウェルター級王者)
▼日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
城戸康裕(谷山/2008日本王者)
VS
日菜太(湘南格闘クラブ/R.I.S.E. 70kg王者)
▼日本代表決定トーナメント1回戦 3分3R延長1R
小比類巻太信(BRAVI RAGAZZI/2004・2005日本王者)
VS
アンディ・オロゴン(チームオロゴン/2008日本ベスト4)
▼日本代表決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
長島×HAYATOの勝者
VS
TATSUJI×山本の勝者
▼日本代表決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
城戸×日菜太の勝者
VS
小比類巻×アンディの勝者
▼日本代表決定トーナメント準決勝 3分3R延長2R
準決勝の勝者
VS
準決勝の勝者

▼スーパーファイト 3分3R延長1R
佐藤嘉洋(日本/フルキャスト/名古屋JKファクトリー/2006・2007日本王者)
VS
セルゲイ・ゴリアエフ(ロシア/アクションフォース/MMA武士道)

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。