【 開催直前!シュートボクシング最大の祭典「S−CUP」の見所はコレだ!!】“打撃系をこよなく愛するフリーライター:ささきぃ”こと、佐々木亜希が激筆![格闘技]
081124_shootboxing_01.jpg

 シュートボクシング(※以下SB)最大の祭典「S−CUP」の開催が迫っている。トーナメントには前回覇者の緒形健一、K−1 MAXを2度制したアンディ・サワー、悲願の初優勝を狙う宍戸大樹が参戦。世界各国の予選を勝ち抜いた強豪たちと、因縁の相手を加えた計8名が、1日3試合の過酷なトーナメントで鎬を削り合う。
(構成・文:佐々木亜希)

シュートボクシング協会 「SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2008」
11月24日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ
開場15:00 開始16:00
※オープニングマッチは15:15開始

★公演詳細とチケット申込みはコチラ!

◇テーマは“リベンジ”! 緒形、サワー、宍戸がトーナメントで激突!!  

 緒形は、昨年10月の「GROUND ZERO TOKYO 2008」で、ブライアン・ロアニューと対戦。アルバート・クラウスの欠場を受けて急遽参戦したロアニューは、緒形の苛立ちをぶつけ、海の向こうのクラウスに自身の実力を見せつけるはずの相手だった。しかし、結果は、飛びヒザとパンチで2度ダウンを奪われた緒形が失神、まさかのKO負け。両国の観客が騒然とする中、緒形は担がれて会場をあとにした。  日本人初のS−CUP連覇を成し遂げるために、緒形は因縁の相手をトーナメント初戦で迎え撃つ。  

 トーナメント逆ブロックには、アンディ・サワー、宍戸大樹が参戦。前回の「S−CUP」では決勝で緒形に敗れ、今年10月のK−1 MAXでは、アルトゥール・キシェンコ相手にまさかの敗北を喫したサワー。「今の自分は挑戦者だ。失くすものは何もない」と語るサワーは、過去に類を見ないほど高いモチベーションで、トーナメントを見据えている。  

 そして、宍戸大樹もまた、今トーナメントでの“リベンジ”を狙っている。宍戸は前回の「S−CUP」で、緒形と同門対決を行い、そして敗れた。先輩越えのチャンスは、キャリアの上でそう何度も巡ってこない。互いに最高の状態で対峙できるのは、今回が最後となる可能性も高い。  

 リベンジというキーワードで彩られた今トーナメント。勝ち残った者だけが、敗北の払拭と優勝の栄冠を手にすることとなる。


◇アイドルレスラー風香参戦! DEEP王者MIKUもSB初登場!

さらにトーナメント以外にも、さいたまアリーナという大会場らしい注目カードが並ぶ。  

 女子プロレスラー風香は、以前からシュートボクシング本部ジム・シーザージムへ熱心に通い、打撃のトレーニングを行ってきた。満を持してのSB初参戦となる今回。SBの“正装”であるロングスパッツも新調、会場を華やかなムードに添えるべく意気込んでいる。

DEEP王者・MIKUの参戦も決定。DEEP富山大会でドロー決着となった及川道場・レーナとSBルールで激突する。投げが認められるSBルールは、SBファイターであるレーナにとって有利になるとは限らない。総合をベースに持つMIKUが、SBルールでどれだけ魅せる試合をするか。王者として他団体へ乗り込むMIKUと、ホームリングで迎え撃つレーナ。ともに負けが許されない女の戦いだ。勝ち名乗りを受けるのは、はたしてどちらか。


◇アウトサイダーvs教師対決も実現! 驚異の16歳がデビュー!

 アンダーカードとして、下町の熱血先生・菱田剛気と「アウトサイダー」参戦の“伝説のカリスマアウトロー”与国秀行の対決も実現。熱血先生とアウトロー。自身の生き様を賭けた男同士の戦いは、高い緊張感で会場を包むだろう。

 オープニングファイトには“ホームレス中学生”こと、高嶋龍弘がデビュー。両親の離婚を経験した高嶋は、ホームレスに一時弟子入りし、青テントで生活をしていたという人生の深みを持つ16歳だ。「この世に食えないものはない」という独自の人生哲学(?)を持つ高嶋の戦いは、見る者の胸を打つに違いない。    

 リベンジ、先輩越え、優勝、女の戦い。そして熱血先生vsアウトロー、ホームレス中学生のデビュー。そして、すべての戦いを見守るシーザー会長の厳しく暖かい視線が、戦士たちを包んでいる。戦いを越えた人生劇場は、会場で見届ける価値十分だ。画面越しには届かない緊張感と感動が、11月24日のさいたまアリーナには詰まっている。


シュートボクシング協会 「SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2008」
11月24日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ
開場15:00 開始16:00
※オープニングマッチは15:15開始
<チケット料金> SRS席25,000円 RS席15,000円 SS席10,000円 S席7,000円 A席5,000円 B席4,000円

<決定対戦カード>

【S-cup2008トーナメント】

▼S-cup2008トーナメント決勝戦
準決勝第2試合の勝者 VS 準決勝第1試合の勝者

▼S-cup2008トーナメント準決勝戦 第2試合
宍戸VSホロデッキーの勝者 VS サワーVSキバスの勝者

▼S-cup2008トーナメント準決勝戦 第1試合
緒形VSXの勝者 VS シュナイドミラーVSアゼレードの勝者

▼S-cup2008トーナメント一回戦 第4試合
アンディ・サワー(オランダ/S-cup2002・2004王者) VS エドウィン・キバス(エストニア/S-cup2008バルト3国トーナメント優勝)

▼S-cup2008トーナメント一回戦 第3試合
宍戸大樹(シーザー/S-cup2008日本トーナメント優勝) VS クリス・ホロデッキー(カナダ/Team Tompkins)

▼S-cup2008トーナメント一回戦 第2試合
デニス・シュナイドミラー(ドイツ/S-cup2008ヨーロッパトーナメント優勝/ヨーロッパ代表) VS ルイス・アゼレード(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー/ブラジル代表)

▼S-cup2008トーナメント一回戦 第1試合
緒形健一(シーザー/S-cup2006王者) VS ブライアン・ロアニュー(オランダ/RED DEVIL/SLAM)

▼S-cup2008リザーブマッチ 金井健治(ライトニング/SB日本ウェルター級王者) VS 魏 守雷(中国/2006年全国武術散打70kg王者)

▼S-cup2008リザーブマッチ
グレッグ・フォーリー(オーストラリア/S-cup2008オ−ストラリア推薦枠) VS オ・ジュソク(韓国/S-cup2008韓国推薦枠)


【ワンマッチ】

▼60kg契約 3分3R
パジョンスック・ポー・プラムック(タイ/ポー・プラムック) VS ジュン・ビュング(韓国/太雄會館)

▼72kg契約 3分3R
菊地浩一(寝屋川ジム/SB日本スーパーウェルター級2位) VS 梅野孝明(シーザージム/SB日本ミドル級)

▼59kg契約 3分3R
歌川暁文(UWFスネークピットジャパン/SB日本スーパーフェザー級2位) VS 白鳥 剣(新東金ジム/アマチュアキックボクシング世界選手権Sフェザー級王者)

▼70kg契約 2分3R
菱田剛気(シーザー力道場) VS “伝説のカリスマアウトロー”与国秀行(フリー)

▼57kg契約 2分3R
高嶋龍弘(シーザー力道場) VS 坂村アツシ(POWER-X)


▼レディースファイト
MIKU(クラブバーバリアン/DEEP女子ライト級王者) VS レーナ(及川道場)

▼レディースファイト
風香(フリー) VS 市井 舞(フリー/UKF女子総合格闘技インターナショナルフライ級王者)


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。