【大日本プロ版 リア王の見所案内その1】大日本プロレス×シェイクスピア の融合がもたらす核爆発とは?シェイクス坂ピア児がお届けする“大日リアほぅ” [大日本プロレス]
【情報提供:大日本プロレス】

大日本プロレスが開催する前代未聞の“プロレス×シェイクスピア
”『リア王 〜King Lear〜』(8/7 横浜赤レンガ倉庫1号館にて開催)を御案内するシェイクス坂ピア児がお届けする“大日リアほぅ”が届きました!是非下記コラムをお楽しみいただき、この前代未聞の舞台に御来場ください!

(以下、シェイクス坂ピア児執筆)

8月7日に開催される大日本プロレス×シェイクスピア
プロレスと演劇の異種格闘技興行。
挑むこと試みること初めてのことばかり。
お芝居だけであれば、あらすじがあり結末もあるのですが
そこにプロレスが加わることで
観客だけでなく関係者も誰もエンディングが予想つかない
恐ろしい興行になりそうです。

そんな前代未聞なイベントを、リア王もプロレスも一言ある、シェイクス坂ピア児が、いろいろな角度から皆様にお知らせいたします

大日リア王はこれを見てから行けば
「ほぅなるほど」と思うこと間違いなしということで


題してシェイクス坂ピア児の“大日リアほぅ”
是非当日までよろしくおねがいします!

★大日本プロレス『リア王 〜King Lear〜』の公演詳細とチケット申込はコチラ!

“大日リアほぅ”


【第1回 リア王〜あらすじ〜】



リア王は 引退を考えた国王が自分の持つ国を自分の子供
(シェイクスピア原作では娘)
に分け与えようとするところから物語は始まります

リア王を言葉巧みに褒め称える長女、次女とは別に王への愛を率直に伝えた三女の物言いにリアは怒り長女次女には領土を与えますが、
三女は追放し勘当してしまいます

しかしそれでもリア王を心配する三女は一緒に追放された腹心ケントを
変装させ再び王のそばへ送ります

リア王は約束どおり長女次女に領土を分け与えますが
それぞれに裏切られ荒野をさまようリア王は次第に
狂気に取り付かれ狂乱の姿となっていきます

この哀れな父親を救うべく
三女は嫁いでいたフランス国王の軍とともに再び向かうが・・


といったあらすじの作品です
(あくまでもシェイクス坂の捉え方です)

このリア王という物語はシェイクスピアが書き起こしてから
現代まで様々な形で上演、公開、翻訳され
結末も悲劇であったりまたそうでなかったりしています
(リア王そのものが別な作品の改作という話もございます)
が先ほどお話したあらすじに出てきた登場人物
(リア・三姉妹・ケント・フランス国王)は
ほぼどの作品にも登場しこの話の主たる登場人物といってよいでしょう

今回の公演では姉妹を兄弟に変えて

リア王・・・・グレートリア王(グレート小鹿)
長男・・・・・ゴリネル谷口(谷口裕一)
次男・・・・・リーガンWX(シャドウWX)
三男・・・・・コーデリア伊東(伊東竜二)
ケント・・・・ケント井上(井上勝正)
フランス国王・フランス帝王(MEN‘Sテイオー) 


として配役されます
それぞれ大日本プロレスでのキャリアや現在の立場などを考慮し
配役を決定したとのこと
もちろん他の選手も配役をされています

次回はその他の配役などをお知らせできればと思います

----------------------------------------------------------
第1回目の“大日リアほぅ”いかがでしたでしょうか

ピア児が始めてリア王に触れたのは黒澤明監督の映画“乱”
監督と喧嘩して主役の人が降りてしまったとか
いろいろな話題が子供の耳に飛び込んできて興味を持ったのですが
始めて観た時の感想は正直“チンプンカンプン”でした。
(道化役のピーターさんだけが印象に残っていました)
しかし、シェイクスピアのリア王を知ってから
乱を改めて観ると、なるほどあれがああで、これがこうなんだ、と
非常に興味深く見ることが出来ました。

今回の大日リア王はそのシェイクスピアのリア王をベースに
大日本プロレスの13年間を語る壮大なものです
今回の企画を聞いて
「レスラーが役者の真似をするだけ」といった風に
お感じの方もいると思いますが、
この場で言わせていただければそれは“まったく違います”
あえて言うなら大日本プロレスが積み重ねてきた13年間を
リア王という場を借りて伝える興行という名の一夜限りのモニュメントです。

今後も大会にかけるそれぞれの意気込みなどを
お伝えできればと思います

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
シェイクス坂ピア児
1971年 東京生まれ 
今回の大日リア王は多くの大日本プロレスのファンの方に
(特に古くからの大日本プロレスを知る方に)観てもらいたいと
当コラムの執筆を担当 特技特に無し 中肉中背
★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/103836293
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。