[後編]【“反逆のカリスマ”魔裟斗 世界一なるか?“クマクマンボ”が語る』見所特集!】いよいよ迫る! 7月7日(月)『K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL8』日本武道館大会[格闘技]
[後編]【“反逆のカリスマ”魔裟斗 世界一なるか?“クマクマンボ”が語る』見所特集!】いよいよ迫る! 7月7日(月)『K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL8』日本武道館大会

080707_k1_01.jpg

★[前編]はコチラ!
★大会詳細とチケット申し込みはコチラ!


■王者サワーは新鋭と激突、城戸は試練のキシェンコ戦!
[FINAL8/K−1ルール/3分3R延長1R]
★アンディ・サワー VS ウォーレン・スティーブルマンズ
[FINAL8/K−1ルール/3分3R延長1R]
★城戸康裕 VS アルトゥール・キシェンコ


080707_k1_04.jpg

 昨年の決勝戦で魔裟斗を破り、2度目の世界チャンピオンの座に就いたアンディ・サワーは新鋭ウォーレン・スティーブルマンズと対戦。組み合わせ抽選会で自らサワーの隣を選んだスティーブルマンズは「アンディを選んだのは彼が素晴らしい王者だからだ。彼と闘えるのは栄誉なことだからね。ベストな結果を出したいから、ベストな相手を選んだんだ」と王者喰いを目指す。

 開幕戦では豪快なKO勝ちを飾ったスティーブルマンズだが、タイプ的にはザンビディスに似ており、そのザンビディスをサワーは開幕戦にてハイキックでマットに沈めている。魔裟斗を2度も破り、現在まで11連勝中と絶好調のサワーが新鋭に負けるとは考えにくいが……スティーブルマンズは一発で倒すパンチを持っているだけに、決して油断はならないだろう。

 魔裟斗、佐藤に続くもう一人の日本代表、城戸康裕は昨年の準決勝で魔裟斗を苦しめたアルトゥール・キシェンコを迎え撃つ。開幕戦ではイム・チビンをヒザ蹴り一発で、僅か1R40秒という秒殺劇で勝ち上がった城戸にとって、試練の一戦となる。


■いよいよライト級開戦、KO率80%以上の怪物が出陣!
[K−1ルール/3分3R延長1R/60キロ契約]
★大月晴明 VS デビット・ドゥージャ
[K−1ルール/3分3R延長1R/60キロ契約]
★大宮司進 VS コンスタンティン・トリシン
[K−1ルール/3分3R延長1R/60キロ契約]
★上松大輔 VS エディ・ユアザパビュチス


 世界トーナメント以外にも、今大会には大きな話題がある。それが「K-1ライト級(60kg以下級)」のスタートだ。この階級は70Kg以上に人材が多く、特に日本人の層が最も厚い階級。谷川貞治イベントプロデューサーはスタートにあたり「過去に山本“KID”徳郁選手が63kgでビビアーノ選手と試合をした時は、(70kgと比べて)これだけスピードが違うのかと感じました。K-1でも60kgのさらにスピード感ある試合をお見せ出来るでしょう」とし、「ソフトとしても、選手にとっても、すごいコンテンツになるだろうし、伸びしろがあると思います。非常にワクワクしているし、楽しみでしょうがないですね」と自信たっぷりに語る。

 今回の第一弾に出場する日本人はWPKC世界ムエタイ・ライト級チャンピオンの大月晴明、魔裟斗とずっと行動を共にしてきた大宮司進、そして谷川イベントプロデューサーが「ライト級の魔裟斗候補」と大きな期待を寄せる、“常勝軍団”チームドラゴン所属の上松大輔の3人。彼らがフランス、ウクライナ、リトアニアの選手たちを迎え撃つ。

 今後は南米のベネズエラ、プエルトリコ、メキシコ、北欧やロシアから選手を発掘してくるとのことだが、ライト級が盛り上がるかどうかは今回の試合次第。特に“KO率80%以上を誇るライト級最強のハードパンチャー”大月には期待がかかっており、本人も「K-1で勝つヤツが最強だと思うし、K-1は最強を証明するための舞台だと思います」「この階級に逃げる奴は必要ないと思います。正面から打ち合って相手を倒す気持ちのある選手だけ来ればいい」「60kgはボクシングの亀田の試合より全然面白い」と、強気な発言を連発。ライト級がセンセーショナルなスタートを切れるかどうかは、大月の試合にかかっていると言っても過言ではない。


■初代王者クラウスは敗者復活戦で再起を誓う!
[敗者復活戦(勝者は10・1リザーブ選手になる)/K−1ルール/3分3R延長1R]
★アルバート・クラウス VS マイク・ザンビディス
[K−1ルール/3分3R延長1R]
★アンドレ・ジダ VS レミギウス・モリカビュチス


080707_k1_05.jpg

 スーパーファイトではアンドレ・ジダVSレミギウス・モリカビュチスという総合格闘家同士のK-1ルールによる試合、さらにトーナメントリザーバー権を賭けた敗者復活戦としてアルバート・クラウスVSマイク・ザンビディスの再戦(初対決ではクラウスがKO負けを喫している)も決定!


■HIROYAを超えるかもしれない十代ファイター初参戦
●K−1 WORLD YOUTH●  
[K−1YOUTHルール/3分3R/60キロ契約]
★才賀紀左衛門 VS TBA
[K−1YOUTHルール/3分3R/60キロ契約]
★卜部弘嵩 VS デニス・テリシャ


 十代の選手を対象にした『K-1 WORLD YOUTH』の試合には、派手な試合展開とイケメンで早くも話題を集めている才賀紀左衛門が出場。そして、谷川イベントプロデューサーが「私が以前からすごい選手がいると言っていたのは彼のことです。彼も相手をしっかり倒すファイターで、顔も良い。ワールドユースで期待しています。彼はいきなりHIROYA選手とやらせても、勝っちゃうんじゃないかなと思わせる選手ですね」と太鼓判を押す2007年全日本新空手K-2中量級王者の卜部弘嵩もK-1デビュー戦を行う。

 ニューフェイスからお馴染みのスター選手まで出場、世界トーナメント準々決勝、初のライト級、ワールドユースと盛りだくさんで行われる7月7日(月)東京・日本武道館『K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL8』は、最初から最後までファンを熱狂させてくれるイベントになりそうだ。


★[前編]はコチラ!
★大会詳細とチケット申し込みはコチラ!

【大会概要及び対戦決定カード】
■大会名:『K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL8』
■開催日:7月7日(月)18時00分開始
■会 場:日本武道館 

●世界一決定トーナメント●
[FINAL8/K−1ルール/3分3R延長1R]
★魔裟斗VS ドラゴ
[FINAL8/K−1ルール/3分3R延長1R]
★佐藤嘉洋 VS ブアカーオ・ポー.プラムック
[FINAL8/K−1ルール/3分3R延長1R]
★アンディ・サワー VS ウォーレン・スティーブルマンズ
[FINAL8/K−1ルール/3分3R延長1R]
★城戸康裕 VS アルトゥール・キシェンコ
●ワンマッチ●
[敗者復活戦(勝者は10・1リザーブ選手になる)/K−1ルール/3分3R延長1R]
★アルバート・クラウス VS マイク・ザンビディス
[K−1ルール/3分3R延長1R]
★アンドレ・ジダ VS レミギウス・モリカビュチス

●60Kg級発進!●
[K−1ルール/3分3R延長1R/60キロ契約]
★大月晴明 VS デビット・ドゥージャ
[K−1ルール/3分3R延長1R/60キロ契約]
★大宮司進 VS コンスタンティン・トリシン
[K−1ルール/3分3R延長1R/60キロ契約]
★上松大輔 VS エディ・ユアザパビュチス

●K−1 WORLD YOUTH●  
[K−1YOUTHルール/3分3R/60キロ契約]
★才賀紀左衛門 VS TBA

●オープニングファイト●
[オープニングファイト/K−1ルール/3分3R延長1R]
★アルビアール・リマ VS マーク・ヴォーゲル
[K−1YOUTHルール/3分3R/60キロ契約]
★卜部弘嵩 VS デニス・テリシャ

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。