2019年2月19日(火)、東京・両国国技館にて開催される「ジャイアント馬場没20年追善興行〜王者の魂〜」第2弾参加選手として、“仮面貴族”ミル・マスカラス選手、マスカラス選手の実弟“飛鳥仮面”ドス・カラス選手が来日、参戦決定。

さらに、W-1からは馬場元子さん社長時代の全日本プロレスに入団したカズ・ハヤシ選手、同時期に参戦していた東京愚連隊NOSAWA論外選手の参戦が決定。 両選手に参戦を打診した際、マスカラス・ブラザーズが参戦するなら是非闘いたいという希望を受け、協議の結果、対戦が決定した事も合わせて発表させていただきます。

なお、この試合は大会当日のセミファイナルを予定しております。

マスカラス、ドス・カラス、カズ・ハヤシ、NOSAWA論外各選手からのコメント

●ミル・マスカラス選手
「ミスター馬場のメモリアルと、ブッチャーの引退セレモニーに参加出来る事を、とても光栄に思っている。皆さん、両国でお会いしましょう。」

●ドスカラス選手
「今回、兄弟でオファーを頂いたのは、とても光栄です。日本に兄弟で行く事は、もしかたら最後になるかもしれない。我々兄弟のタッグチームを是非楽しみにしてください。」

●カズ・ハヤシ選手
「馬場さんの没20年をやって欲しいと元子さんがおっしゃっていたと聞き、今回のオファーを頂いた際にはすぐにお返事させていただきました。大会当日は馬場さんのメモリアルだけでなく、ブッチャーさんの引退に立ち会え、対戦相手にマスカラスさん、ドス・カラスさんとの試合が出来ると聞いて、大変嬉しく思っています。皆さんが見たいと思う全てを見せれる試合にしたいと思っています。」

●NOSAWA論外選手
「全日本プロレスにはケンドー・カシンさん、カズ・ハヤシさんに参戦するきっかけを作っていただいたのですが、当時社長を務められてた元子さんに頑張ってちょうだいね、と声をかけていただいき、認めていただけた事で日本に定着できるようになりました。今回、ハヤシさんと一緒にオファーを頂いた際、この大舞台で自分たちに何が出来るのか相談し、マスカラスブラザーズがくるのなら是非二人で闘いたいと実行委員会に伝え、認めていただいた事、感謝しています。個人的にはマスカラス兄弟と最後の対戦だと思うので、馬場さんの名前の大会でプロレスの歴史を感じたいと思います。」

■実行委員会:
坂口征二(新日本プロレスリング株式会社 相談役)
天龍源一郎(天龍プロジェクト)
秋山準(オールジャパン・プロレスリング株式会社 代表取締役)
株式会社 H.J.T.Production
(敬称略。設立順)

■参加団体:
新日本プロレス
全日本プロレス
大日本プロレス
プロレスリング・ノア
W-1

(敬称略。設立順)

【決定対戦カード】
<セミファイナル タッグマッチ 60分1本勝負>
ミル・マスカラス&ドス・カラスvsカズ・ハヤシ(W-1)&NOSAWA論外(東京愚連隊)

[その他参加選手]
新日本プロレス:棚橋弘至、本間朋晃
全日本プロレス:秋山準、宮原健斗、大森隆男、渕正信
大日本プロレス:グレート小鹿、関本大介
プロレスリング・ノア:丸藤正道
超硬派武闘集団和志組:宮本和志
鈴木軍:タイチ、金丸義信
プロレスリングA-TEAM:橋本友彦
フリー:太陽ケア
(敬称略。設立順)

[特別ゲスト]
スタン・ハンセン



■大会名:ジャイアント馬場没後20年追善興行〜王者の魂〜アブドーラ・ザ・ブッチャー引退記念〜さらば呪術師〜
■日時:2019/2/19(火)
■会場:両国国技館 (東京都)

チケットの詳細はこちら

2018-11-14 14:57 この記事だけ表示