2002年3月1日、ザ・ロック(現在ではハリウッドのマネーメイキングスターとして映画界にも君臨!)がやってきた伝説の横浜アリーナ大会から15年。世界最大のスポーツエンターテインメント団体WWEが現体制となって以来、日本公演はこれまで20シリーズがおこなわれてきた。そして2017年、15周年&20回という記念すべき年に、また一つ新たな歴史が加わることになる。

「ロウ」が東京なら、大阪は「スマックダウン」、ということなのだろう。今年6月30日&7月1日に東京・両国国技館大会で開催された「WWE LIVE TOKYO」はロウブランドのメンバーを中心にした構成だったが、9月16日(土)エディオンアリーナ大阪での「WWE LIVE OSAKA」は「スマックダウンライブ」勢が大挙来日する。これは、「NXT」から「スマックダウン」に昇格した中邑真輔の活躍があってこそ、と言っていい。「ロウ」と「スマックダウン」が1年のうちに別々にやってくるのは今年が初めて。「スマックダウン」勢での公演は、12年8月9日&10日の両国国技館以来、5年ぶりとなる。

中邑は昨年12月、「NXT」のメンバーとして初のNXT日本公演を実現させた。そして今回は、WWEの一軍「スマックダウン」のメンバーとなっての凱旋。WWEと契約をかわして以来、中邑にはこれが3度目の凱旋となるのだが、今回のそれがもっとも意味合いの大きいものであることは明らかだ。世界的スーパースターとなった中邑の足跡(そくせき)については次回、詳しく振り返ってみたいと思う。というのも本稿執筆時点ではPPV「サマースラム」が控えている段階。中邑はここで、ジンダー・マハルの保持するWWE王座に挑戦、WWE入り以来最大の大一番に臨むのだ。その結果しだいでは、凱旋の意味がさらに大きくなるとも考えられるのだ。 まずここでは、来日メンバーを知るためにも8月8日に発表された対戦カードを紹介しておこう。

★「WWE LIVE OSAKA」
9月16日(土)エディオンアリーナ大阪

〈対戦カード〉
▼WWE選手権試合ラストマン・スタンディング・マッチ
〈王者〉ジンダー・マハル(withシン・ブラザーズ)vs〈挑戦者〉ランディ・オートン
▼US選手権試合トリプルスレット
〈王者〉AJスタイルズvs〈挑戦者〉ケビン・オーエンズvs〈挑戦者〉ルセフ
▼シングルマッチ
中邑真輔vsバロン・コービン
▼シングルマッチ
サミ・ゼインvsドルフ・ジグラー
▼8人タッグマッチ
ナオミ&シャーロット・フレアー&ベッキー・リンチ&アスカvsナタリヤ&タミーナ&カーメラ(withジェームス・エルスワース)&ラナ
▼シングルマッチ
ティアン・ビンvsエイダン・イングリッシュ

※その他出場予定…ニュー・デイ、ルーク・ハーパー、エリック・ローワン
※来日タレント、対戦カードは当日まで予告なく変更される場合があります。王者は8月7日「アフターバーン」日本放送前のもの。

こうしてみると、現在進行形の「スマックダウン」に現NXT女子王者のアスカも加わるという図式が見えてくる。タイトルマッチがおこなわれる王座はすべて8月20日(現地時間、日本時間8月21日)にニューヨークで開催されるPPV「サマースラム」でも組まれており、大阪公演までにベルトが移動する可能性もあるだろう。ということは、中邑がWWE王者としてやってくる可能性もあるのではないか。また、対戦予定のバロン・コービンは中邑にとって因縁の相手で、スマックダウン昇格時に抗争を展開したドルフ・ジグラーもやってくる。日本でライバル関係にあったAJスタイルズはUS王座をキープしてやってくるのか。そういった意味でも、中邑ありきの大阪公演と言っても過言ではないだろう。

だからこそ8・20PPV「サマースラム」が大注目なのだ。中邑が挑戦するジンダー・マハルは、中邑のスマックダウンデビュー戦がおこなわれた大会のメインイベントでランディ・オートンを破り、頂点に立ったインド系スーパースター。インドと日本の新進スーパースターが最高峰王座をかけてWWE最大級のビッグマッチで激突するのだから、この試合が9月の大阪公演に影響を及ぼすことは必至。中邑がマハラジャ政権を崩壊させることができるのか、「WWE LIVE OSAKA」を前に、必見である。

(構成・文:新井 宏)



■大会名:WWE Live Osaka
■日時:9/16(土)
■会場:エディオンアリーナ大阪 (大阪府)

チケットの詳細はこちら

2017-08-16 18:41 この記事だけ表示