©REAL JAPAN

 リアルジャパンプロレス「初代タイガーマスク黄金伝説2017『LEGEND OF THE GOLD [』」(9月14日、東京・後楽園ホール)の記者会見が4日、都内・リアルジャパン本部で行われ、第12代レジェンド王者・船木誠勝に挑戦者スーパー・タイガーが挑むレジェンド選手権試合が大会メインイベントとして発表となった。

 船木は6月大会で第11代王者・大谷晋二郎を破り、3度目となるレジェンド王座返り咲きを達成(第8代・第10代・第12代王者)。スーパーは第7代王者であった2年前(15年9月18日)に船木の挑戦を受け、王座を奪われた過去がある。


©REAL JAPAN

「2年前、今と逆の立場で船木選手にベルトを獲られ、この2年間プロレスラーとして大きく成長できる様々な経験を積んできました。そんな中で船木選手からの指名ということで突然言われたのでビックリしましたが、今回初代タイガーマスクから認可を頂き、決まった以上は徹底的にストロングスタイルをぶつけてベルトを必ず獲り返したいと思います」

 そう語ったようにスーパーは、この2年の間に全日本プロレス、ゼロワン、みちのくプロレスと様々な団体で経験を積んだことで「もう根本的なものが違います」とプロレスラーとしての自身の成長に自信を見せる。

「特に今年大谷選手、前回のロッキー川村との戦いでまた成長を加速させ、ホップ・ステップの状態で、次でいかにブレイクするか、爆発できるか、そういった部分では最高の対戦相手だと思ってます」

 ベルトが懸かるのはもちろん、この2年間が何であったかを試す相手としてスーパーのモチベーションは高い。


©REAL JAPAN

 見守る初代タイガーも「すごい蹴り合い、関節技の、ストロングスタイルのプロレスを見せてくれる試合になると思います」と語る一番は、船木が鬼門となる初防衛を成し遂げるか、あるいはスーパーが船木とならぶ3度目(第5代・第7代王者)のレジェンド王座返り咲きを果たすのか。いずれにせよ初代タイガーがいう「リング上は戦いである」という信念を具現化する一戦となりそうだ。

 また会見の後半では横綱・大鵬の孫で元関脇・貴闘力の長男である納谷幸男が同大会でプロレスデビューすることが発表となった。


©REAL JAPAN

 納谷は1994年8月17日生まれの22歳(デビュー戦時は23歳)。197センチ・130キロと祖父・父譲りの体格を誇り、相撲とキックボクシングの経験を経て4年前(13年3月)リアルジャパンに入門。病気により1年の療養期間もあったがこれを乗り越え、遂にデビューの時を迎える。

「祖父や父の名前に寄らず、実力で認めてもらえる選手になっていきたい」と語った納谷を初代タイガーは「お爺ちゃんを引き継いで強い足腰と柔らかい上体を持っている」「右の蹴りを見てビックリしました。腰の入った重たい蹴り」と評し、ともに練習を積み胸を貸す立場であるスーパー・タイガーも「この体で細かく動ける」「ダイナミックな蹴りでミットを持っているこっちが脳震盪を起こすぐらいの威力」と、その大器ぶりに期待を抱かせた。


©REAL JAPAN

 病気でデビューに辿り着けない不安もあった納谷だが、「格闘技・プロレスが好きなのでやってこれた」と雌伏の時を振り返る。 父・貴闘力にはまだデビューを伝えていないが、この会見をもって報告するといい、また祖父・大鵬にも「『ようやくデビューできます』とお墓へ報告に行きたい」という。昭和の大横綱には「謙虚でやれ」と常々言われていたといい、納谷はその思いを胸に試合へ挑む。

 大きな体そのままに大きな期待を背負ってデビューする納谷に初代タイガーは「ファイブ・ストーリーズ・ホールド」「アルバトロス」という新必殺技を伝授すると約束。技の詳細については明かさなかったが、そのミステリアスな名称も含め納谷に合うスケールの大きな技を予感させた。


©REAL JAPAN

 最後に初代タイガーから「日本のプロレスの担い手となり、ストロングスタイルを繋いでいってほしい」とこれ以上にない激励を受けたサラブレッド・納谷だが、「不安はない。身の引き締まる思いです」と、まずは真っすぐにデビュー戦を見据えた。


■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 佐山サトルプロデュース 初代タイガーマスク黄金伝説2017 『LEGEND OF THE GOLD VIII』
■日時:9/14(木)
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-08-07 13:00 この記事だけ表示


©REAL JAPAN

 リアルジャパンプロレス「初代タイガーマスク黄金伝説2017『LEGEND OF THE GOLD [』」(9月14日、東京・後楽園ホール)の記者会見が4日、都内・リアルジャパン本部で行われ、第12代レジェンド王者・船木誠勝に挑戦者スーパー・タイガーが挑むレジェンド選手権試合が同大会のメインイベントとして発表となった。

 船木は6月大会で第11代王者・大谷晋二郎を破り、3度目となるレジェンド王座返り咲きを達成(第8代・第10代・第12代王者)。スーパーは第7代王者であった2年前(15年9月18日)に船木の挑戦を受け、王座を奪われた過去がある。


©REAL JAPAN

「徹底的にストロングスタイルをぶつけてベルトを取り戻したい」と意気込みを語ったスーパーは、この2年の間に全日本プロレス、ゼロワン、みちのくプロレスと様々な団体で経験を積んだことで「もう根本的に違う」と自身のプロレスラーとしての成長に自信を見せる。

 今年は3月に大谷晋二郎、6月にロッキー川村とリアルジャパンで熱戦を展開しているスーパーは、「この2試合でホップ・ステップと来て、今回爆発できるか。最高の相手」とリベンジに強い意気込みを感じさせた。


©REAL JAPAN

 初代タイガーも「蹴り合い、関節技、すごいストロングスタイルの試合になると思う」と予感する一戦は、船木が鬼門となる初防衛を果たすのか、あるいはスーパーが2年の成長をぶつけ船木とならぶ3度目(第5代・第7代王者)のレジェンド王座返り咲きを成し遂げるのか。


■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 佐山サトルプロデュース 初代タイガーマスク黄金伝説2017 『LEGEND OF THE GOLD VIII』
■日時:9/14(木)
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-08-07 12:30 この記事だけ表示


©REAL JAPAN

 リアルジャパンプロレス「初代タイガーマスク黄金伝説2017『LEGEND OF THE GOLD [』」(9月14日、東京・後楽園ホール)に関しての記者会見が4日、都内・リアルジャパン本部で行われ、横綱・大鵬の孫で元関脇・貴闘力の長男である納谷幸男が同大会でプロレスデビューすることが発表となった。

 納谷は1994年8月17日生まれの22歳(デビュー戦時は23歳)。197センチ・130キロと祖父・父譲りの体格を誇り、相撲・総合格闘技の経験を経て4年前(13年3月)リアルジャパンに入門。病気により1年の療養期間もあったがこれを乗り越え、遂にデビューの時を迎える。


©REAL JAPAN

「祖父や父の名前に寄らず、実力で認めて頂ける選手になっていきたい」と語った納谷を初代タイガーは「強い足腰と柔らかい上体を持っている」「右の蹴りを見てビックリしました。腰の入った重たい蹴り」と評し、ともに練習を積み胸を貸す立場であるスーパー・タイガーも「ミットを持っているこっちが脳震盪を起こすぐらいの威力」と、その大器ぶりに期待を抱かせた。


©REAL JAPAN

 父・貴闘力にはまだデビューを伝えておらず、この会見をもって報告するという納谷は、祖父・大鵬にも「『ようやくデビューできます』とお墓に報告に行きたい」と話す。昭和の大横綱には「謙虚でやれ」と常々言われていたといい、その思いを胸に試合へ挑む。


©REAL JAPAN

 初代タイガーが「日本のプロレスの担い手となり、ストロングスタイルを繋いでいってほしい」と語るサラブレッド・納谷。「不安はない。身の引き締まる思いです」と、まずは真っすぐにデビュー戦を見据えた。


■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 佐山サトルプロデュース 初代タイガーマスク黄金伝説2017 『LEGEND OF THE GOLD VIII』
■日時:9/14(木)
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-08-07 12:06 この記事だけ表示