「UFCファイトナイト・ジャパン」(9月23日、さいたまスーパーアリーナ)の開催まで1ヵ月半となった8月7日、UFCのプロモーションにフェザー級王者マックス・ホロウェイ(アメリカ)が来日。また、7月にUFC殿堂入りを果たした桜庭和志、同大会でUFCデビューの決まった近藤朱里、阿部大治も登場し、マスコミの囲み取材に応じるメディアイベントが行われた。

 ホロウェイは現地時間6月3日に敵地ブラジルで行われた「UFC 212」においてフェザー級王者ジョゼ・アルド(ブラジル)との王座統一戦に臨み(※ホロウェイは暫定王者)、迎えた3Rにワンツーの右ストレートを決め、そこからパウンドをまとめてTKO勝利。フェザー級に新時代到来を告げる勝利となった。

 日本食を満喫し、日本滞在を楽しんでいる様子のホロウェイは「アルドの地元のブラジルで彼をKOしたことで、これまで自分に批判的だったり懐疑的な目を向けていた人たちに対し実力を証明することができたと思う。やはり自分の強さを証明するには、最強の相手と戦って、その相手に勝たなければならない。蹴りでもヒザでもよかったけど、自分が得意な右ストレートで倒せたのがよかったし気持ちよかった」と、快勝したタイトルマッチを振り返る。

 フロイド・メイウェザーとのビッグマッチ(ボクシングルール)が決まっているコナー・マクレガーとの対戦(13年8月、判定でマクレガーが勝利)以来、11連勝と強さを増すホロウェイは「次はカブ・スワンソン(ランキング4位、アメリカ)とフランキー・エドガー(同2位、アメリカ)のタッグチームとやるのでも構わない。今後は自分のキャリアをより充実させていく。相手は誰でも構わない」と自信をみなぎらせる。

 13年4月に初参戦して以来、UFCで10試合を戦ったマクレガーが仕留めることのできなかった相手がこのホロウェイとネイト・ディアスであり、ホロウェイは4年越しのリベンジにも牙を剥く。

「戦って、コナーのオーラを感じたとかそんなことはなかったし、スゴいと言われている左のパンチだってもっとスゴい相手がたくさんいた。再戦は待つしかないけど、決まったら決まったでまたいろいろ言い訳をするんじゃないか」

 そんな挑発とも取れる言葉を残した。また注目のビッグファイト、メイウェザーとマクレガーの一戦についてはともにアグレッシブに攻めるよりカウンターを得意とするタイプであることを指摘した上で、「どちらが勝つか分からない」と回答。しかし「この試合を組めたことが1番で、勝者はメイウェザーでもマクレガーでもなくUFCだと思う」と、大局に立った独自の見解を示した。

 桜庭は総合格闘技界におけるパイオニアというカテゴリーで日本人初のUFC殿堂入りを実顔。この栄誉を受け、7月6日(現地時間)にアメリカ・ラスベガスで行われた式典に出席しスピーチを行った。

 現地での感想やファンからの反響を問われると、「ファンから話し掛けられて嬉しかったけど、正直英語だから分からなかった(苦笑)」と脱力系の桜庭節。9月に行われる日本大会では桜庭がともに練習を積んだ経験を持つマウリシオ・“ショーグン”・フア(ブラジル)がメインを務めるが、「ショーグンはデカいから圧力がスゴかった。それとずっと動いているからスタミナがスゴいなと思いました。彼の試合はいつ見ても面白いので頑張ってほしい」とエールを送った。

 また、今大会では桜庭と同じくプロレスラーというバックボーンを持つ朱里がUFCデビューを迎えるが、「どれがどうとかじゃなく、試合は全部同じだと思えばいいと思います。全部同じ試合だと思ってやれば、自分の持ち味が出る。あんまり深く試合のことを考えないで、なるべく普段自分が練習している状態を出すよう心掛ければいいんじゃないですかね」と、気負うことなく自然体で試合に臨むことを勧めた。

 その朱里は日本大会で19歳のジョン・チャンミ(韓国)と対戦。チャンミは5勝1敗の戦績でUFCは2戦目となるが、「リーチも背も高く、打撃が強い選手なので気をつけたい。1ラウンド目はしっかり見て、相手の技をかわして、組んだらテイクダウンを狙ってしっかり勝っていきたい」と意気込みをコメント。

「UFCと契約できたのはすごく嬉しい」と待望の初参戦を喜んだが、「やっぱりチャンピオンになるのが目標なので、9月23日のUFCジャパンでしっかり勝って上を目指したい。スターになります」と、UFC出場だけで満足することなく、現UFCストロー級王者であるヨアンナ・イェンジェイチック(ポーランド)との対戦を見据えた。

 朱里と同じく今回がUFCデビューとなる阿部は、柔道でインターハイを制した後キックボクシングへ転向してJ-NETWORKライトヘビー級王者となり、さらにそこからMMA(総合格闘技)に転じた異色の経歴の持ち主。MMAではデビューからわずか5戦でパンクラス王者となり、自身のアピールが実り日本大会でのUFC初出場が決定となった。

「UFCデビューなのでさいたまスーパーアリーナを沸かすような試合をします。たぶんKOで僕が勝ちますから、そこをしっかり見て下さい」と阿部は初参戦初勝利に自信を見せる。

 対戦相手は188pの長身選手イム・ヒョンギュ(韓国)となるが「身長が高くてリーチも長く、打撃で前にガツガツ来る選手」とその印象を語りつつ、「試合の状況次第でパンチだったりキックだったり投げたり、いろいろ変更してやっていこうと思ってます」「試合のスタイルにもこだわっているので、しっかりKOで倒すのを狙いにいきます」と、ただ勝つだけでなくインパクトを残して上位陣との対戦に繋げたい考えを示した。


■大会名:UFC FIGHT NIGHT JAPAN SHOGUN vs SAINT PREUX
■日時:9/23(土・祝)
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)

チケットの詳細はこちら

2017-08-14 17:05 この記事だけ表示


©REAL JAPAN

 リアルジャパンプロレス「初代タイガーマスク黄金伝説2017『LEGEND OF THE GOLD [』」(9月14日、東京・後楽園ホール)の記者会見が4日、都内・リアルジャパン本部で行われ、第12代レジェンド王者・船木誠勝に挑戦者スーパー・タイガーが挑むレジェンド選手権試合が大会メインイベントとして発表となった。

 船木は6月大会で第11代王者・大谷晋二郎を破り、3度目となるレジェンド王座返り咲きを達成(第8代・第10代・第12代王者)。スーパーは第7代王者であった2年前(15年9月18日)に船木の挑戦を受け、王座を奪われた過去がある。


©REAL JAPAN

「2年前、今と逆の立場で船木選手にベルトを獲られ、この2年間プロレスラーとして大きく成長できる様々な経験を積んできました。そんな中で船木選手からの指名ということで突然言われたのでビックリしましたが、今回初代タイガーマスクから認可を頂き、決まった以上は徹底的にストロングスタイルをぶつけてベルトを必ず獲り返したいと思います」

 そう語ったようにスーパーは、この2年の間に全日本プロレス、ゼロワン、みちのくプロレスと様々な団体で経験を積んだことで「もう根本的なものが違います」とプロレスラーとしての自身の成長に自信を見せる。

「特に今年大谷選手、前回のロッキー川村との戦いでまた成長を加速させ、ホップ・ステップの状態で、次でいかにブレイクするか、爆発できるか、そういった部分では最高の対戦相手だと思ってます」

 ベルトが懸かるのはもちろん、この2年間が何であったかを試す相手としてスーパーのモチベーションは高い。


©REAL JAPAN

 見守る初代タイガーも「すごい蹴り合い、関節技の、ストロングスタイルのプロレスを見せてくれる試合になると思います」と語る一番は、船木が鬼門となる初防衛を成し遂げるか、あるいはスーパーが船木とならぶ3度目(第5代・第7代王者)のレジェンド王座返り咲きを果たすのか。いずれにせよ初代タイガーがいう「リング上は戦いである」という信念を具現化する一戦となりそうだ。

 また会見の後半では横綱・大鵬の孫で元関脇・貴闘力の長男である納谷幸男が同大会でプロレスデビューすることが発表となった。


©REAL JAPAN

 納谷は1994年8月17日生まれの22歳(デビュー戦時は23歳)。197センチ・130キロと祖父・父譲りの体格を誇り、相撲とキックボクシングの経験を経て4年前(13年3月)リアルジャパンに入門。病気により1年の療養期間もあったがこれを乗り越え、遂にデビューの時を迎える。

「祖父や父の名前に寄らず、実力で認めてもらえる選手になっていきたい」と語った納谷を初代タイガーは「お爺ちゃんを引き継いで強い足腰と柔らかい上体を持っている」「右の蹴りを見てビックリしました。腰の入った重たい蹴り」と評し、ともに練習を積み胸を貸す立場であるスーパー・タイガーも「この体で細かく動ける」「ダイナミックな蹴りでミットを持っているこっちが脳震盪を起こすぐらいの威力」と、その大器ぶりに期待を抱かせた。


©REAL JAPAN

 病気でデビューに辿り着けない不安もあった納谷だが、「格闘技・プロレスが好きなのでやってこれた」と雌伏の時を振り返る。 父・貴闘力にはまだデビューを伝えていないが、この会見をもって報告するといい、また祖父・大鵬にも「『ようやくデビューできます』とお墓へ報告に行きたい」という。昭和の大横綱には「謙虚でやれ」と常々言われていたといい、納谷はその思いを胸に試合へ挑む。

 大きな体そのままに大きな期待を背負ってデビューする納谷に初代タイガーは「ファイブ・ストーリーズ・ホールド」「アルバトロス」という新必殺技を伝授すると約束。技の詳細については明かさなかったが、そのミステリアスな名称も含め納谷に合うスケールの大きな技を予感させた。


©REAL JAPAN

 最後に初代タイガーから「日本のプロレスの担い手となり、ストロングスタイルを繋いでいってほしい」とこれ以上にない激励を受けたサラブレッド・納谷だが、「不安はない。身の引き締まる思いです」と、まずは真っすぐにデビュー戦を見据えた。


■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 佐山サトルプロデュース 初代タイガーマスク黄金伝説2017 『LEGEND OF THE GOLD VIII』
■日時:9/14(木)
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-08-07 13:00 この記事だけ表示


©REAL JAPAN

 リアルジャパンプロレス「初代タイガーマスク黄金伝説2017『LEGEND OF THE GOLD [』」(9月14日、東京・後楽園ホール)の記者会見が4日、都内・リアルジャパン本部で行われ、第12代レジェンド王者・船木誠勝に挑戦者スーパー・タイガーが挑むレジェンド選手権試合が同大会のメインイベントとして発表となった。

 船木は6月大会で第11代王者・大谷晋二郎を破り、3度目となるレジェンド王座返り咲きを達成(第8代・第10代・第12代王者)。スーパーは第7代王者であった2年前(15年9月18日)に船木の挑戦を受け、王座を奪われた過去がある。


©REAL JAPAN

「徹底的にストロングスタイルをぶつけてベルトを取り戻したい」と意気込みを語ったスーパーは、この2年の間に全日本プロレス、ゼロワン、みちのくプロレスと様々な団体で経験を積んだことで「もう根本的に違う」と自身のプロレスラーとしての成長に自信を見せる。

 今年は3月に大谷晋二郎、6月にロッキー川村とリアルジャパンで熱戦を展開しているスーパーは、「この2試合でホップ・ステップと来て、今回爆発できるか。最高の相手」とリベンジに強い意気込みを感じさせた。


©REAL JAPAN

 初代タイガーも「蹴り合い、関節技、すごいストロングスタイルの試合になると思う」と予感する一戦は、船木が鬼門となる初防衛を果たすのか、あるいはスーパーが2年の成長をぶつけ船木とならぶ3度目(第5代・第7代王者)のレジェンド王座返り咲きを成し遂げるのか。


■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 佐山サトルプロデュース 初代タイガーマスク黄金伝説2017 『LEGEND OF THE GOLD VIII』
■日時:9/14(木)
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-08-07 12:30 この記事だけ表示