©REAL JAPAN

チケットの詳細はこちら



初代タイガーマスク35周年大会で、初代タイガーマスクが待望の復帰戦!
リアルジャパンらしく、リアルジャパンでしか見られない、リアルジャパンならではのカードが出揃った。

タイガーマスクがプロレスの大ブームを巻き起こしてから35年。記念すべき年の最後の大会に、初代タイガーマスクが還ってくる。
「リアルジャパンプロレス2016年特別興行『GOLDEN AGE OF THE TIGER』〜初代タイガーマスク35周年記念大会〜」で、実に1年8カ月ぶりの実戦復帰がおこなわれるのである。

 初代タイガーは昨年3月、元・横綱で元・三冠ヘビー級王者、曙との一騎打ちを実現させるも、ヨコヅナインパクトからのボディープレスをまともに食らってフォール負け。この試合後、心臓に痛みを訴え狭心症と診断された。積年のダメージが爆発してしまったのだ。5月22日には手術をおこない、以後の大会を欠場。6月の10周年記念大会をはじめ、リアルジャパンの大会には来場し挨拶をしていたが、リハビリも順調に進み、前回の9・10ディファ有明ではついに復帰を名言。そして今回、12・7後楽園で待望の復帰戦が組まれたのである。
復帰戦を含む注目の全対戦カードは、以下のように発表されている
(見所記事は試合順とは異なります)


初代タイガーマスク(1年8ヶ月振りリング復帰)&スーパー・ライダー(リアルジャパン)&折原昌夫(メビウス)vs雷神矢口(大仁田軍団)&アレクサンダー大塚(AODC)&田中稔(フリー)


©REAL JAPAN

 昨年3・20後楽園以来、1年8カ月ぶりのリング。初代タイガーマスク復帰戦はかねてから宣言していたとおりエキシビション的なものではなく、“本戦”となった。しかも、組まれた6人タッグマッチは試運転的なものでもなく、ブランクある選手には非常に厳しいマッチメークなのだ。医師からは太鼓判を押されたものの、実際にやってみなければわからない部分があるのも事実。団体の歴史を紡いできたスーパー・ライダー&折原昌夫が脇を固める中、タイガーが対するのは雷神矢口&アレクサンダー大塚&田中稔のトリオ。これがもしアレク&田中組相手のタッグマッチならば、ストロングスタイルでくるはずの対戦相手だけに集中すればいいだろう。しかし今回、大仁田厚から派遣された矢口の存在が不気味である。矢口が有刺鉄線バットを持参し、ラフファイトでくるのは確実、しかもマスク剥ぎを予告しており、ただでは済みそうもない。ストロングスタイルと邪道ファイト、ふたつのパターンと対さなくてはならないからこそ、この復帰戦は非常に過酷な試合になるのではないか。初代タイガーは大仁田からの対戦要求もアタマに入れながら闘わなくてはならなくなった。関係者の中には復帰を歓迎する反面、ほんとうに大丈夫なのかという心配も大きいという。期待と不安が入り交じった6人タッグマッチ。試合後にはどんな風景が待っているのか。タイガーマスクを知る者なら、絶対に見逃せない!


レジェンド選手権試合【王者】大谷晋二郎(ZERO1)vs【挑戦者】タカ・クノウ(チーム太田章)


©REAL JAPAN

 初代タイガーマスクの欠場中、レジェンド王座は確実にその価値を上げ、タイトルマッチがリアルジャパンのメインを張ってきた。昨年9月に船木誠勝が初奪取を果たすと、一気に王座戦線が活気を呈したのだ。12月にはリアルジャパンのベストマッチとも言える大熱闘で、関本大介が初戴冠。今年3月には敗れはしたものの、元王者の長井満也が関本の牙城に肉薄、これまた大熱戦となった。長期政権も予感させた関本だが、6月におこなわれた船木との再戦でまさかの陥落。奪回に成功した船木も9月に大谷晋二郎に敗れ、ベルトはめまぐるしく移動している。船木を破った大谷だが、ドラゴン・スープレックスで試合を決めた後はしばらく動けず、その後の大会(『火祭り』シリーズ)も欠場する事態に陥った。あの大谷が試合を休むとは、よほどのこと。船木との闘いは、それだけ激しいものであり、大谷はプロレスラーの執念で立ち上がっていたのである。その大谷が、12・7後楽園で初防衛戦を迎える。2001年の旗揚げ以来ZERO1を率いる大谷だが、実はリアルジャパンの旗揚げ戦(2005.6.9.後楽園ホール)にも上がっているのだ。しかも初代タイガーから白星を挙げている。それだけに、レジェンド王座にふさわしい存在だ。初代タイガーが戻ってくる大会で大谷が迎え撃つのは、タカ・クノウ。これもリアルジャパンならではのカードであり、ここでしか見られない顔合わせと言っていい。初代タイガーマスクのカムバック後、レジェンド王座はどんな位置づけになるのか。さらに価値を上げていくのか、王者の責任は重大だ。大谷とタカの初対決は、どんな試合になるのかまったく予想ができない、刺激的な闘いとなりそうだ。


スーパー・タイガー(リアルジャパン)&船木誠勝(フリー)&5代目タイガーマスク(国籍不明)vs石川雄規(BATTLE ARTS ACADEMY)&グレート・タイガー(国籍不明)&ブラック・タイガー(国籍不明)


©REAL JAPAN

 初代タイガーマスク不在のリアルジャパンを守ってきたスーパー・タイガー。昨年9月に船木誠勝に敗れレジェンド王座を失ってしまったものの、諏訪間との遭遇や、これをきっかけにした全日本プロレス継続参戦など、プロレスラーの経験値を確実に上げている。他団体で、リアルジャパンをアピールしてきたのだ。全日本「世界最強タッグ決定リーグ戦」へのエントリーも決まっている中、ホームリングでは初代タイガー欠場最初の大会(昨年6・11後楽園)から闘っている船木とチームを結成。5代目タイガーマスクも、同大会で対戦した選手であり、その正体は格闘技ファンなら誰もが知っているあの強豪と言われている。船木は初代不在のリアルジャパンを守るとも宣言しており、レジェンド王座戦線の中心人物となった。それだけに、このトリオはある意味で“初代タイガー復活祭”。相手にグレート・タイガー、ブラック・タイガーがいるだけになおさらだろう。このタイガーとトリオを結成するのは、現在カナダでBATTLE ARTS ACADEMYを主催、海外でバチバチファイターを育成する石川雄規である。石川は今大会のために一時帰国。彼が加わることで、試合内容に厚みが増すのは確実だ。スーパー、船木、5代目タイガー、どの組み合わせになってもゴツゴツ、バチバチとしたストロングスタイルが堪能できるだろう。また、マスクマンも全員が実力者であることを考えれば、これもリアルジャパンならではであり、リアルジャパンでしか見られないカードと言っていい。そのなかでスーパーが主役を張ることができるのか。この試合の主役が、レジェンド王座の次期挑戦者として名乗りを上げるのもいいだろう。


ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)&山本SAN(COMBO)vsザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)&那須晃太郎(フリー)


©REAL JAPAN

  世界からジャパニーズルチャリブレと呼ばれる空中戦を日本に定着させたのが、ウルティモ・ドラゴンとザ・グレート・サスケである。90年代ジュニアの両巨頭が激突となれば、他団体ならばメインで組まれてもおかしくないカードだろう。そこにリアルジャパンならではのテイストを盛り込んだのが、このタッグマッチである。ウルティモは山本SAN、サスケは那須晃太郎と組んでリングに上がる。それぞれがパートナーをどのように使いこなすかも注目だが、山本SAN、那須のパワフルな攻防も見逃せない。ルチャ一辺倒では終わらないこの試合で、どんな化学反応が起こるのか!?


鈴木秀樹(フリー)vs間下隼人(リアルジャパン)


©REAL JAPAN

  このところ“はぐれIGF軍団”がリアルジャパンマットを賑わせていたが、今回の鈴木秀樹はフリーの立場で単独参戦となる。彼本来の闘いぶりは、それこそリアルジャパンが求めているストロングスタイル。それだけに、12・7後楽園ではほんとうの鈴木秀樹が見られる可能性が高い。対戦相手は生え抜きの間下隼人。初代タイガーが会見でも言っていたように、間下には「荷が重い」カードかもしれない。しかし、この試合については間下の方から団体に要求があったという。これまでそのような自己主張はほとんどなかった間下だが、来年はデビュー10周年を迎えることになる。それだけに、このままくすぶってはいられないとの思いが日に日に増しているのだろう。リアルジャパンで培ったすべてを出すには、鈴木はうってつけの選手であり、また、素直に受け入れてくれる相手でもない。来年のリアルジャパンを見据え、スーパー・タイガーにつづく主力となる意味でも、鈴木戦は間下にとって試金石となる。


倉島信行(ドラディション)vs柴田正人(フリー)


©REAL JAPAN

  リアルジャパンに連続参戦している倉島が、こだわりの第1試合で、フリーの柴田正人と対戦する(試合順は未定だが、この試合がオープニングマッチとなる可能性が高い)。倉島は藤波辰爾の「無我」でデビューし現在はドラディション所属ながら、初代タイガーマスクの道場で格闘技を含めて練習をおこなっている。藤波や初代タイガーも実力を認めており、彼の爆発を待ちわびているといったところだ。対戦相手の柴田もリアルジャパンの常連レスラー。見たとおり身体も大きく、日本人離れしたパワーの持ち主だ。倉島と柴田、力のある2人のぶつかり合いは、ストロングスタイルを標榜するリアルジャパンにとってうってつけのオープニングマッチとなりそうだ。

  このように、リアルジャパンらしく、リアルジャパンでしか見られない、リアルジャパンならではのカードが出揃った。初代タイガーマスク欠場中、選手、スタッフとも団体を守るべく奮闘。レジェンド王座の注目度が格段にアップしたことが、その象徴と言えるだろう。そして、初代タイガーマスクが待望の復帰戦をおこなう。初代タイガーが提示する夢のカード実現と、後進とともにもたらされるストロングスタイルの復興。リアルジャパンが旗揚げから掲げる2大テーマが、並び立つ。いよいよ、そのときがやってこようとしているのだ。

(取材・文:新井宏)



【対戦カード】

<第6試合 メインイベント レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
【王者】大谷晋二郎(ZERO1)
vs
【挑戦者】タカ・クノウ(チーム太田章)

<第5試合 セミファイナル 6人タッグマッチ 60分1本勝負>
スーパー・タイガー(リアルジャパン)&船木誠勝(フリー)
&5代目タイガーマスク(国籍不明)
vs
石川雄規(Battle Arts Academy)&グレート・タイガー(国籍不明)
&ブラック・タイガー(国籍不明)

<第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
&山本SAN(COMBO)
vs
ザ・グレートサスケ(みちのくプロレス)
&那須晃太郎(フリー)

<第3試合6人タッグマッチ30分1本勝負>
初代タイガーマスク(リアルジャパン)
&スーパー・ライダー(リアルジャパン)&折原昌夫(メビウス)
vs
雷神矢口(大仁田軍団)
&アレクサンダー大塚(AODC)&田中稔(フリー)

<第2試合 シングルマッチ30分1本勝負>
鈴木秀樹(フリー)vs間下隼人(リアルジャパン)

<第1試合 シングルマッチ30分1本勝負>
倉島信行(ドラディション)vs柴田正人(フリー)

※対戦出場選手は諸事情により変更となる場合もあります。


■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス2016特別興行『初代タイガーマスク35周年記念大会』
■日時:12/7(水)分
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2016-12-05 13:09 この記事だけ表示


©REAL JAPAN

チケットの詳細はこちら



レジェンド王者に挑む“日本が誇る寝技師”タカ・クノウ
「プロレスには“導かれた”感じがある。大谷選手にキャリアは及ばなくても“思い”は負けない」

(取材・文:新井宏)


 リアルジャパンプロレス「『GOLDEN AGE OF THE TIGER』〜初代タイガーマスク35周年記念大会〜」(12月7日、東京・後楽園ホール)で第11代レジェンド王者・大谷晋二郎に挑むタカ・クノウ。プロレスに「導かれた」という“日本が誇る寝技師”は、対戦を前に原点となった金曜夜8時、ストロングスタイルの思い出を語る。大谷に対し「“思い”は負けない」と話すタカ、その本物の技で王座奪取はなるか。


――2013年12月12日、リアルジャパンに初参戦した時以来のタイトルマッチが決定しました。



©REAL JAPAN

タカ もともと猪木会長のIGFでデビューさせて頂いて、会長のところを拠点と思っていたので、他のところは考えていませんでした。なんですけど、佐山先生のところで毎週練習をするようになって「出てみたら?」と先生に言って頂いたので、心を決めて出ようと。でもプロレスラーになったのも、そもそも戦い出したのも会長の影響だし、始めたきっかけはストロングスタイル以外にありません。会見で大谷選手が「金曜夜8時のつもりで戦う」と言っていましたが、僕も同感です。金曜夜8時を見て育って、猪木会長にも確かめたことがあるんです。「会長、“戦い”って金曜夜8時でいいんですよね?」と言ったら、「バカヤロー」と言ってニヤッと笑ってくださって。やっぱりそういうこと・思いがあるので、大谷選手も同じ感覚でいると思います。僕はデビューもそうですし、小さい頃から、遺伝子はアントニオ猪木です。


――そんなタカ選手にとって、「金曜夜8時」の思い出や印象的なシーンだったりを教えてください。



©REAL JAPAN

タカ 本当に自分の原点だし、自分の人生そのものというか。でも僕のルーツは本当は、3つの時とかそれぐらいに見た、多分日本プロレスだと思います。親戚のおばさんがプロレスが大好きで、よく一緒に見ていたんです。物心がつくかつかないぐらいの時でしたけど、でも覚えています。おばさんたちも熱狂して見ていたし、試合内容までは覚えてないんですけど、とにかく人間同士が裸でぶつかり合う姿がカッコよくて、こんなスゴいものがあるのかと思いました。それでプロレスラーになりたいっていうのがずっとあったんですけど、ある時期からちょっと遠ざかってしまって。でも縁なんですかね、アメリカに15年ぐらい行っていて、帰ってきて拾ってもらったのがアントニオ猪木だったっていう。


――アメリカに行っている間はプロレスラーになろうという思いはなかったのでしょうか。


タカ アメリカにはボディビルをしに行ったんですけど、ボディビルを辞めた後で何もすることがなくなって、目標がなくなってしまったんです。でも自分は柔道をやっていたのでそれをきっかけに柔術の試合に出るようになって、そうしたら周りの日本人が集まってきて、道場で練習を教えるという状況になって。その時道場にテレビがあって、近くにあった日本のビデオショップで新日・全日のビデオをそれこそ全部借りてきてよく見ていたんです。そこでプロレスへの思いが蘇ってきた感じですね。


――では、渡米した時やボディビルをやっていた時というのは、今のような状況というのは全く予想がつかなかったのではないですか。



©REAL JAPAN

タカ 全然予想がつかないです。でも面白いことに、自分で選択している人生っていう感じじゃないんです。アメリカに行ったのも、ボディビルをやったのも自分の選択なんですが、それ以降っていうのは全て用意されているような、導かれてこっちに来ている感じがあります。格闘技の世界に入った時も、同じジムにジャン・ジャック・マチャド(“寝技世界一決定戦”アブダビコンバットで優勝を果たすなどした柔術の超強豪)がいて、「こいつ、柔道やっていたんだよ」なんて話をしたら、「じゃあうちの試合に出てみろよ」、「いいね」みたいな軽い気持ちから、そこから作り上げられていったんです。それで日本に帰ってきたら、今もお世話になっている社長が「お前、俺がプロデュースしてやるから格闘技デビューするか?」「じゃあ、お願いします」みたいな感じでトントントンと進んだ感じで。全部がそうやって導かれている感じがします。


――では、ボディビルを終えて以降はどんどんプロレスに呼び寄せられていったと。


タカ 小さい頃なりたかったものの方向に、引力がそっちの方向へ行っていた感じです。やっと昔の思いが繋がった感じで。


――そこからIGFを経て、現在主戦場となっているリアルジャパンという団体についてどう思われているかお願いします。



©REAL JAPAN

タカ ここが自分の戦う、そして表現する場だと思っています。総合格闘技は遊びのない世界ですけど、リアルジャパンも真剣な世界で同じようなものを出せると思うし、やっぱりここは僕の居場所ですね。だから他の団体に出ていないっていうのもそういうことだと思います。


――そういった団体で再びタイトルマッチのチャンスが巡ってきました。



©REAL JAPAN

タカ これも導かれてというのがあると思います。ベルトが欲しい・欲しくないっていうことに関すると、ベルトに対しての欲っていうのはないんです。ただチャンスを与えてくださった佐山先生に自分がどれだけ返せるかっていうことを思っています。


――自分に夢を見せ、与えてくれた人たちに返したいというお気持ちなのですね。


タカ はい。自分が思っていた気持ちをどれだけ周りにも同じように伝えられるかっていうのもありますし、それってこちらが真剣じゃなきゃ伝わらないと思うんです。真剣な戦い、本物の技でなければ。なのでそこを真面目に、そして真剣に、怖さを出しながらやっていきたいです。


――では、小さい頃タカ選手が感じていたものを、見ている人にも同じように伝えたいというところでしょうか。


タカ 全部は伝わらなくても同じ感覚と言いますか、大谷選手との会見でも出たワクワクするものを感じてもらえればと思います。そこから僕もこういう風になったので。なので自分がプロレスラーになりたいとかじゃなくても、何かのインパクトとして試合を見て頑張ろうと思ってくれたり、いろんな気持ちになってくれればいいかなと思います。


――そんな気持ちを込めて立つ試合に、改めて意気込みとメッセージをお願いします。


タカ 僕はプロレスラーとしてのキャリアは大谷選手に遠く及ばないものがありますが、だけど“思い”っていうのは、もう50年近くプロレスに対してありますので、その思いをぶつけて戦いたいと思います。思いは負けないです。



©REAL JAPAN


【対戦カード】


©REAL JAPAN

<第6試合 メインイベント レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
【王者】大谷晋二郎(ZERO1)
vs
【挑戦者】タカ・クノウ(チーム太田章)

<第5試合 セミファイナル 6人タッグマッチ 60分1本勝負>
スーパー・タイガー(リアルジャパン)&船木誠勝(フリー)
&5代目タイガーマスク(国籍不明)
vs
石川雄規(Battle Arts Academy)&グレート・タイガー(国籍不明)
&ブラック・タイガー(国籍不明)

<第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
&山本SAN(COMBO)
vs
ザ・グレートサスケ(みちのくプロレス)
&那須晃太郎(フリー)

<第3試合6人タッグマッチ30分1本勝負>
初代タイガーマスク(リアルジャパン)
&スーパー・ライダー(リアルジャパン)&折原昌夫(メビウス)
vs
雷神矢口(大仁田軍団)
&アレクサンダー大塚(AODC)&田中稔(フリー)

<第2試合 シングルマッチ30分1本勝負>
鈴木秀樹(フリー)vs間下隼人(リアルジャパン)

<第1試合 シングルマッチ30分1本勝負>
倉島信行(ドラディション)vs柴田正人(フリー)

※対戦出場選手は諸事情により変更となる場合もあります。


■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス2016特別興行『初代タイガーマスク35周年記念大会』
■日時:12/7(水)分
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2016-12-05 11:53 この記事だけ表示


©REAL JAPAN

チケットの詳細はこちら



初防衛戦に臨む第11代レジェンド選手権王者・大谷晋二郎
「ベルトがまだ“大谷晋二郎から離れたくないと言っている。頑張る勇気を伝えたい!」

(取材・文:新井宏)


 9月に船木誠勝を破り、第11代レジェンド王者となった大谷晋二郎は、リアルジャパンプロレス「『GOLDEN AGE OF THE TIGER』 〜初代タイガーマスク35周年記念大会〜」(12月7日、東京・後楽園ホール)でタカ・クノウを相手に初防衛戦に臨む。リアルジャパンの旗揚げのメイン(2005年6月9日後楽園ホール)で、初代タイガーマスクの対戦相手を務めた大谷が、初代タイガーの35周年記念大会では王者としてメイン出場となる!死闘となった船木戦、そしてベルトへの愛着と金曜夜8時の思い出、リアルジャパン2016年の締めくくりとなる“戦い”へ、大谷が熱く、熱く語る。


――まずは船木誠勝選手を破り、第11代レジェンド選手権王者となった前回の試合を振り返ってお願いします。



©REAL JAPAN

大谷 間違いなく命がけの戦いで、正直試合後半の記憶がないんです。後で聞いたら、蹴りがアゴに入って、そこから後の記憶がなくて。でも、記憶がない中で気づいたら僕のところにベルトがあったので、ベルトも大谷晋二郎を求めていたと思いたいです。このベルト、僕は魂が宿っているんじゃないか、生きているんじゃないかと思っていて、きっとまだ大谷晋二郎から離れたくないと言っている気がしています。奪取から2ヶ月が経っていますけど、持っていて愛着が湧いてきているし、ZERO1の大会でもよく持って上がっています。


――やはり、死闘を越えての戴冠であったこと、そして初代タイガーマスクが認めたベルトということが深い愛着の元になっているのでしょうか。



©REAL JAPAN

大谷 記憶がない中でも僕の下にあるっていうことは、ベルトもリアルジャパンも、そして神様も大谷がこのベルトを持っていてくれと思っているんじゃないかなって。仮に思っていなくても、僕が思っていると言ったらそう思っているんです。そういう思いで、僕は軽い気持ちでこのベルトを持っている訳ではないので、だからこそZERO1のリングでも僕はこのベルトを持って上がる訳です。


――「僕が思っていると言ったらそう思っている」、まさに大谷選手はそのように自分が強い思いを持つことで、道を切り開いてきたところがあると思います。


大谷 僕はそういうことがたくさんあります。さかのぼれば子どもの頃から「俺はプロレスラーになるんだ」と言って、周りの人は誰も本気にしなかったかもしれないけど、今プロレスラーになって、小さい頃憧れていたタイガーマスクの団体のチャンピオンになっている訳です。もう子どもの頃から考えたら、「奇跡」という言葉も超越するくらいの出来事だと思います。だから僕は、自分が思ったことを誰もが認める、真実にしていくことが、もしかしたら自分の役目かもしれないと思っています。


――自分の目指すものや志に対し、周りはとやかく言ってくるかもしれませんが、やはり強く思うこと・願うことというのは大事であると。



©REAL JAPAN

大谷 逆にいろいろ言われた方がいいんです。例えば僕が「みんなが求めるチャンピオンだ」って言っても、「ふざけるな、お前じゃねぇよ」って言われなきゃ反骨心が出ないんです。


――たしかに大谷選手は昔から、そういった反骨心を自分の力に変えてきました。


大谷 そうです、反骨心に揉まれた人間こそ強くなれると僕は思っているので。チャンピオンになってもその気持ちを忘れちゃいけない、そう思ってやっています。


――今回の挑戦者、タカ・クノウ選手と臨んだ会見では「金曜夜8時に生中継されているつもりで戦う」と話していましたが、大谷選手にとって“金曜夜8時”の思い出を教えてください。


大谷 佐山先生、タイガーマスクで言えば、金曜8時に放送が始まって、小林邦昭さんとの戦いがすでに始まっていたんです。そして試合の最中、小林さんがタイガーのマスクを裂いて、破れた瞬間にCMになったんです。そしてCMが明けたらタイガーがもう違うマスクをかぶっていて。一体CMの間に何があったんだ!? って、あの印象がすごく強いです(笑)。でもそういうワクワク感というのを僕はもうダイレクトに感じていましたから、それぐらいの気持ちで見てくださってる人がいるんだという思いで僕はリングに上がります。テレビ中継で流れてないにしても、流れていると勝手に思ってリングに上がりたい。だからといってみんな勘違いしてほしくないのは、僕は“いい試合をしよう”“綺麗な試合をしよう”なんて、さらさら思っていないんです。あの時代のプロレスは、やはりスゴいものと同時に“戦い”でしたから。だから「金曜夜8時のつもりでやる」と言っても、下手したら1分で終わるかもしれない。プロレスにはそういう戦いもあるし、そういう戦いをもしかしたらタカ・クノウ選手とだったらできるんじゃないかと思います。


――では、大谷選手が今回見せるのは“試合”ではなく“戦い”だと。


大谷 僕の中で“いい試合”をしようとする気はないです。僕はいい試合・綺麗な試合よりスゴい試合、驚きのある試合をやりたい。逆にタカ選手とだったらそういう試合じゃなきゃダメだと思います。タカ選手のことは僕は人から話を聞いてしか知らないけど、総合の世界から来たタカ選手が綺麗なプロレスをして面白いですか? 僕はそう思います。


――この試合は初代タイガーマスク35周年の最後を飾る試合であるとともに、リアルジャパンプロレスの2016年を締めくくる一戦ともなります。


大谷 これは何の運命なのか分からないですけど、リアルジャパンの旗揚げも僕メインをやらせてもらっているんです。リアルジャパンのスタートも僕、35周年という記念の最後も僕、だからといって僕は所属選手ではないですし、これは何か不思議な縁というか運命というか。だから全てに、僕は求められているのかなと。そういう風に思ってやっています。今のリアルジャパンは大谷晋二郎だろって。なんせチャンピオンですから。チャンピオンがそういう気持ちを持っていなかったら、やってられないですよ。そういう気持ちで僕はリングに上がりたいし、そういう僕からしてタカ選手は未知の相手で、もしかしたらこのベルトの防衛戦に最適の相手なのかもしれないです。


――これまでの大谷選手とはまた違ったものが見せられるというか。



©REAL JAPAN

大谷 タカ選手もお客さんも、驚く試合とプロレスを見せたいです。もしかしたら普段みんなが見ていない“大谷ワールド”というものをそこで出すかもしれません。あまり普段出さない大谷晋二郎っていうのも、僕はたくさんありますから。僕はひねくれ者なので、みんなが望んだことはやりたくないっていうのもありますし。だから、“いい試合”と思って見たら大違いですよ。僕はよい意味で、予想を裏切るチャンピオンでありたいと思います。


――前回お話をお聞きしたのは9月大会直前、オリンピックが終わった直後でした。大谷選手はレスリング女子で唯一メダルを獲ることができなかった渡利(璃穏)選手が印象に残ったと話をされていました。その渡利選手は血液のがんである悪性リンパ腫であることが明らかになり、闘病しながら東京オリンピックを目指すことを表明されました。これを受けエールをお願いします。


大谷 前回も言いましたけど、倒れた人間や挫折を味わった人間が再び立ち上がった時、僕は1番人に勇気を与えられると思っています。彼女は今立ち上がろうとしている訳で、その立ち上がろうとしている中でまた壁が現れてしまった。僕はお会いしたこともないのに無責任なことは言えないですけど、それでも勝手に言わせてもらうと、その巨大な敵も跳ねのけて立ち上がってくれるだろうと思うし、僕はそれを心から応援したいです。


――そうやって立ち上がる姿こそ、大谷選手がこれまで見せてきたもののような気がします。


大谷 そうですよ、プロレスで何を伝えるかといったら、何遍も立ち上がって頑張る勇気。それを与えるものがプロレスなんです。プロレスにはいろんなメッセージがあるけど、僕が伝えるメッセージはそこです。


――分かりました。それでは最後に改めて、試合への意気込みとメッセージをお願いします。


大谷 今のリアルジャパンプロレスのチャンピオンは大谷晋二郎です。それなりの責任感を僕は持っているつもりです。リアルジャパンの今年の締めくくり、佐山先生の大事な節目の大会で、大谷晋二郎がチャンピオンでよかったとみなさんに思ってもらえるような大会にします。プロレスってスゲぇな、またプロレス見てぇなと思ってもらえる試合をしますので、ぜひ会場に足を運んでください。



【対戦カード】


©REAL JAPAN

<第6試合 メインイベント レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
【王者】大谷晋二郎(ZERO1)
vs
【挑戦者】タカ・クノウ(チーム太田章)

<第5試合 セミファイナル 6人タッグマッチ 60分1本勝負>
スーパー・タイガー(リアルジャパン)&船木誠勝(フリー)
&5代目タイガーマスク(国籍不明)
vs
石川雄規(Battle Arts Academy)&グレート・タイガー(国籍不明)
&ブラック・タイガー(国籍不明)

<第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
&山本SAN(COMBO)
vs
ザ・グレートサスケ(みちのくプロレス)
&那須晃太郎(フリー)

<第3試合6人タッグマッチ30分1本勝負>
初代タイガーマスク(リアルジャパン)
&スーパー・ライダー(リアルジャパン)&折原昌夫(メビウス)
vs
雷神矢口(大仁田軍団)
&アレクサンダー大塚(AODC)&田中稔(フリー)

<第2試合 シングルマッチ30分1本勝負>
鈴木秀樹(フリー)vs間下隼人(リアルジャパン)

<第1試合 シングルマッチ30分1本勝負>
倉島信行(ドラディション)vs柴田正人(フリー)

※対戦出場選手は諸事情により変更となる場合もあります。


■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス2016特別興行『初代タイガーマスク35周年記念大会』
■日時:12/7(水)分
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2016-12-05 10:49 この記事だけ表示